ミズナミのたまご

会社紹介

ごあいさつ

日頃は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。

約40年前、我が父、水野藤寿が瑞浪市釜戸町に養鶏場を築いたのに端を発し、瑞浪鶏業有限会社そして株式会社ミズナミと、より新鮮なうちに、より自然に、
より美味しく、いうなれば庭先養鶏のあの味を追い続けてまいりました。その中で、地域の皆様はじめ多くのユーザー様より愛され続けて参りました。

養鶏が本格的な畜産事業となる前は日本中の家庭で鶏は飼われ、卵も肉も貴重な食材として消費されておりました。鶏は陽の光をいっぱいにあびて、自然の風に
あたり、自由気ままに土中のミミズや虫をついばみ人の暮らしに溶け込んでいたのです。私も子供の頃、そんな鶏の産んだ卵ひとつで三杯のご飯をたべるのが
至極の幸せでした。

ただ、残念ながら現在養鶏は養鶏家から養鶏屋の時代に移りつつあります。物価の優等生と言われ続ける「卵」は、養鶏家の工夫・努力によって成しえたもので
あって決して偶然の産物ではないのです。

生卵の100%を国産で賄い、その中で販売価格を抑えるため、また環境や公害(主に臭い)に配慮するためか、養鶏場は飼育羽数100万羽クラスも珍しくない
大型無窓鶏舎(窓が1つも無く、一日中機械で換気する鶏舎)が主流となっています。 窓の無い鶏舎の中で、室内照明によって1日を管理され、自然の風に当たる
こともなく室内で生涯を終える鶏の産んだたまごが多数派となりつつあります。

私の少年時代、学校が終わると家にも立ち寄らず、日が暮れるまで泥だらけになって遊び、疲れて風呂にも入らず、翌朝もりもりご飯を食べて平気で
登校していました。現代の子供が部屋に閉じこもり、テレビゲームやパソコンに熱中している様はまさに無窓鶏舎の鶏達を彷彿させるものであります。

無窓鶏舎は衛生面やエコ対策の面から見ますと理にかなったものと思いますが、維持するのに大量のワクチンを投与するなどの負の部分も多いのです。
また、時節柄ビタミン等を強化した特殊卵が売り場を席巻しておりますことも危惧しております。一つの栄養に特化した卵というものは、飼料にそれらを多く添加する事で出来る産物ですが、わざわざその様な栄養素を卵から摂る意味が有るのでしょうか?ビタミンが摂りたければ、サプリ等を使った方がより効果的なのは
明白です。

そんな中弊社は、「高原のさくらちゃん」をはじめとする昔ながらの食べて旨い卵を、 私たちは、

  1. 幸せを感じられる食を提供し、地域の人々に喜びの笑顔を創造します。
  2. 関わる人すべての豊かな生活を創造します。

そんな理念の下、確かな技術と経験を持った信頼ある養鶏家と手を携えて皆様のもとへお届けする所存です。 今後とも卵と言えば「ミズナミ」を、ご指名・ご支援賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

株式会社ミズナミ 代表取締役 水野藤雅

会社概要

名称 株式会社ミズナミ
本社所在地 愛知県春日井市知多町1-47
TEL:(0568)33-3224 FAX:(0568)33-3319
設立 1988年8月1日
代表取締役 水野藤雅
資本金 3000万円
事業内容 鶏卵販売 鶏卵加工食品販売
取扱商品 ダンボール詰め卵、パック詰め卵、温泉たまご 他
契約農場 つくで高原農場様、株式会社後藤孵卵場様 他
主要取引先 地域の飲食店様、キシ ショッピングセンター様、 プチフレーズ様、本間製パン(アヴァンセ)様 他
主要取引銀行 三菱東京UFJ銀行、十六銀行、東濃信用金庫

沿革

1973. 7
岐阜県瑞浪市釜戸町平山にて養鶏場を開場

1981. 7
瑞浪鶏業有限会社として発足

1982. 9
コープながの(現コープネット事業連合)様の指定農場となり取引開始

1984. 4
多治見市・可児市にて、宅配業務開始

1985. 3
岐阜県畜産会主催の鶏卵品評会にて最優秀賞を受賞

1988. 8
株式会社ミズナミ(愛知県春日井市知多町)発足
GPセンター設立
スーパー及び喫茶店など業務用の卵の販売開始

1988.11
「らんらんらんもみじ」販売開始

1994.10
ミズナミ食品株式会社設立
(温泉たまご等、鶏卵加工食品の製造・販売開始)

2008. 3
「らんらん桃ちゃん」販売開始
スーパー及び喫茶店など業務用の卵の販売開始

2008. 9
「若鶏の卵」シリーズ販売開始

2013. 2
「高原のさくらちゃん」販売開始

上に戻る